読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業トレーダーが資産1億円越えを目指す奮闘記

2014年1月からFX専業トレーダーとして元本80万円より資産1億円越を目指す収支報告ブログ。

デイトレードとスキャルの狭間で揺れ動く日々

デイトレードへの道は果てしなく厳しい

 

SBIの口座凍結から概ね2ヶ月が過ぎた。8月は他の口座で色々今までの短期的取引も試してみたが、どれもしっくりこず、9月からは10万通貨まで落として、使える口座を2つはピックアップし、何とか最低1日1~2万円は確保できそうな状況にはできそうだが、それでは生活でかつかつ・・・。

 

当初、すぐにデイトレードに移行を開始しようと思ったが、8月はほぼメンタル悪化も絡み、手法を固定できずフワフワ取引になり、ほぼ収益0に近い状態となった。9月は今までの取引で、何とか10万通貨固定で、現在20万円程度のプラスにはしたが、低レベル・・・。

 

短期トレードとデイトレードの間で上手く自分の取引が固定できず、今までの取引すらもかなり怪しい状況に陥ってきた。そこに加えて天性のデイトレの下手さ?と、専業であるが故の日々の収益悪化が、手法云々よりも、メンタルが滅茶苦茶になっている状況なのは目に見えてわかる。

 

本当にこの壁に何度阻まれる事か・・・。それほどにデイトレードの能力が低すぎる。スキャルを好きでやっていたのではなく、自分の出来ることが小さい利益を確定させ、損切りもすぐ行い、ポジションを長く持つストレスを無くし、徹底した資金管理を維持する形が、たまたまスキャルだったと言った方がいい。

 

今まで、ポジションを持って数秒でプラスにならないポジションは全て負けだと思ってやってきている。そのクセが、どれだけポジションを維持して先を見越さないと行けない取引をする事の邪魔をする。なかば病気に近い。

 

FXをやっている人が経験するであろう、ポジションの無い場合の想定的な取引の場合の勝率が高い状況へ陥り、ポジションを持つと負ける確率が高くなるといった現象へ近くなる。自分の中に人格が2つあり、今までの取引なら、この動きでこれだけ取れるのに・・・。といった感情が更に、ポジション維持の邪魔をする。

 

専業であるが故、日々の収益も必要だと、チマチマ取引をしては小金稼ぎに精を出さなければならない、小さい自分が、この最大の壁の邪魔を徹底的にしてくる。半年間収益0でもいいと誓っても、日々0ならどうしても自問自答してしまう。では、デイトレードは無理だという答えも、出しにくい。どれほど取引回数を重ねて行っても、±0程度の収益になり、決定的に能力が無いのかどうかの判断もつけれない。

 

FX人生最大の壁が、今なのは目に見えてわかる。3年前に専業になってから、常にこの問題を考えながら、どうにか騙し騙しやっていたツケがきた。多分現状の自分の能力は、短期トレードならば、月20~40万円を固定的に稼ぐ能力が限界。そして、デイトレードならば、月±0がどうしても超えれない。何となく見えそうな気もしそうな感じを漂わせての±0・・・。生かさず殺さず・・・。

 

さてさて、どこまで耐えられるか・・・。潰瘍性大腸炎を患っている身だけに、ストレスと上手く付き合っていかなければならず、その意味でも、日々通貨数固定でストレスのかかるスキャよりも、今は多大なストレスがかかるかもしれないが、最終的には複利で大きく伸ばせるデイトレードの形を望みたいが、能力は開花するのか・・・。

 

 

ポジションを持つ位置よりも決済の難しさが・・・

 

ある程度、ポジションを持つ位置は見えている。但し、決済がどうしても揺れる。そして損切りが続いた時も、瞬間的にスキャルで取り返してしまう自分がいる。そしてそれが取り返せてしまうからクセが悪い。ポイントの絞りと決済のある程度の固定をしないと、どうにも揺れる。三勝二敗の波が出来れば、今までの自分の資金管理能力を生かせれるが、どうしても二勝二敗から抜け出せない。

 

まあ、あくまで勝敗数は例えで、損小利大の能力がつけば、そんなこだわりはいらないだろうが、多分その能力はさらに今の自分が持つのは想定しずらい、二勝二敗に一勝積み重ね、勝率60%の取引で固定できれば、もしくは1敗を減らして勝率66.6%に出来れば、あとは勝手に資産は増える。そこを固定化して、来年までに少しでも光が見えるまでは、今少し10万通貨単位程度の小さい取引で、能力を作る努力をしてみたい。

 

 3ヶ月~半年がタイムリミット。人生常に背水の陣で挑まねば、今まで成果がない事が多い人生だけに。あれもこれもはどうしても集中力が半減するのか結果が出にくい気質なだけに、完全にデイトレ1本に絞ってやった事は今までないので、みずから背水の陣を敷き追い込んでやって、結果が出なければ、チマチマ稼ぎに専念するのか、口座凍結お構いなしに、焼野原を作りに行くか、はたまたFXから撤退か・・・。

 

リミットは長くても半年、どう我慢しても1年。今は色々な意味で精神的ブレが大きいので、今日こうと決めても、その通り進めるか自信もない。FXを専業でやると決めた時の心の強さもない。数時間で気持ちがブレるので、かなりたちが悪い精神状況。あらゆる意味で体も心も負のスパイラルに入ってしまった。

 

元来ネガティブ思考の人間だけに、トコトン深みにはまると、こんなものかもしれない。所詮は2・3年程度少し利益が出ただけの専業では、やはり薄い・・・。何だか文面が気迷い気分。まあ、リアルな感情が残る意味では、今後の分岐点になる今の感情をありのまま、残していると思えば、いつかプラスになるかもしれない。揺れ揺れの状況が続く10月。一気に好転はしないだろうが、足掛かり位にはしたい所。さてさてどうなる事やら・・・。

 

地獄の収益ストップと手法壊滅の専業FX人生に突入

FX専業デイトレーダーへの尊敬

 

FXを専業でしていて、さらに1日の取引回数は10回程度未満、ワンポジションで10~30銭を数時間程度で取引して稼いでいる、デイトレーダーは尊敬に値する。自分のFXの完成形はこの形にしたいと思う事すでに何年経っただろうか・・・。

 

情けない話、スキャルならばある程度、飯を食う事は出来るのかもしれない。但し、その道は自分の能力とは関係なしに、FX業者のシステムや約定能力、果てはその先にある、悪意に満ちた業者の手前勝手な口座凍結の影がチラホラ見え隠れする。

 

業者を変えてスキャルをして、ひたすら資産1億円を目指すのは限界がある。それはFXを始めた頃からわかっている。しかし・・・。ある程度長い時間のポジションを持つスタンスの取引も何百とこなしてはいるが、負けないまでも勝てない。

 

そして、つい自分の得意な形でごまかしごまかし、ここまで来てしまって、今は日々の稼ぎも皆無な状況が2ヶ月目に突入している。短期では勝てども、中長期での取引は素人以下のレベルでもはや笑うしかない状況だ。

 

スキャルの手法に体が染まっている状況下で、ある程度目線を変えて数時間、せめて数十分でもポジションの維持しようとするが、どうにもこうにも・・・。それでも専業であるのならば、ここは絶対に超えないといけない最大の壁だ。

 

何となく自分のデイトレード(数時間ポジション維持)の理想形は見えている。しかし、目先の勝てる形を完全に無視し、それに没頭し、さらに極めれるかは、多分、今の自分には数%程度の確率だろう。だが極める以外に道は無いと思い、今年の残り3ヶ月弱は、一切の収益増加への道は捨てる。

 

専業でFXを始めた時の元本は80万円。そこから比べれば今は、遙かにメンタル的に簡単だと思いきや、自分の翼がもがれた今は、専業になってから最大のメンタル悪化の状況が襲ってきている。多分ここがFX人生最大の壁だろう。

 

デイトレードの自分の形を極め、一日5~10pips程度取れる形を平均的に築けた時に、初めてFXのゴールが見える。今は可能性数%だと思うが、ここから3ヶ月、あえて目先の収益を捨て、ゴールへの確立を上げることに専念する。

 

 

 

 

 

口座凍結からFX絶不調に・・・専業になってから一番のピンチ

専業になってから概ね、2年と8ヶ月が過ぎましたが、ここまでの概ね3年間は、月ベースの負けは無く、納得はしていませんが、2年8ヶ月で4,700万円の収益にはなりました。専業と呼べるには程遠い低レベルだとは思いますが・・・。ほぼ、専業では最弱レベルの自分が、何とか飯が食える状況でここまではこれましたが・・・。

 

以前から口座凍結されたという話は聞いていたので、短期トレードが主体の自分には関係のない事だとは思っていませんでしたが、いきなりの凍結。7月末に口座凍結され、8月はほぼ稼ぎ無しで1ヶ月が過ぎてしまいました。それほど、自分にはマッチした口座と手法だったと痛感させられています。

 

8月がそれほど簡単に取れる相場では無かったので、1・2ヶ月は休んでもいいと割り切っていましたが、そこは低レベルな専業トレーダーの自分だけに、他の口座で10万通貨程度で取引しては見ましたが全く増えず、1ヶ月で数万円の稼ぎというテイタラク・・・。それほどに今使っている口座は使い勝手が悪く、以前のような取引は出来ず。もはや月に100万円オーバーの収益になるのは夢の又夢に感じる有様。というか日ベースで勝ちを積み重ねるのも困難な状況です。

 

では、デイトレードに切り替えてみたとて、ここ数年5万通貨程度で何百回と取引したものの、全く才能は無く。今年はある程度収益のない状況で終えても仕方が無いとは思いますが、来年の目処は一切たたない状態は、メンタルへの負担が日増しに大きくなり、自分がなっている潰瘍性大腸炎の方にも暗い影が迫っている状況。

 

ここから、今年の残り4ヶ月は、デイトレードへの変更。そして来年以降使えるメイン口座の固定。そして、それが出来ない場合も踏まえて、色々模索しなければ、蓄えは一気に減るのが目に見えているだけに、もう一度しっかり計画を立て直し、ある程度手法も固定し、地獄の訓練をしなければ、もはや上を目指すも何も、生き残る事が困難になりそうです。

 

それにしても・・・1~7月までは月平均250万円オーバーで来ていたものが、少し崩されただけでこうなる自分が情けない。まあ、FX業者のほくそ笑む顔が目に浮かびます。自分がスキャだとの認識はありますが、スキャが違法?ではないし、各FX会社でも、短時間の取引を繰り返すのは禁止だと言っている所もありますが、では実際、ポジションの保有時間を規定しているところなどありもしないのが現状です。いわば、FX会社の言うがままで、どういう状況下でも難癖をつけれるわけです。

 

まあ、口座凍結については、また別の記事で克明に書き綴りたいと思いますが、それよりも現状の打破が最優先。ここで負け崩れ去るのか、それとも、もう何一つFX業者に文句の一つもつけさせずに、デイトレやスイングを極めて、本当の意味でのFXの勝ち組になるのか。ハードルは高いが・・・ピンチをチャンスと捉えて、一皮むけたトレーダーに変貌を遂げられるような、今年残り4ヶ月としたい所です。

 

理想的には1~2時間程度のポジション維持し、チャートの動きの状況を見ながら5~30pips程度を狙う取引を1日のうちに数回出来ればいいと思います。文章にすれば簡単そうですが、これが途方もなく難しい事は認識しています。そしてそれが苦手であるのも認識しています。しかし道はその方向しか残っていないので、そのハードルを越えれば、自分が思う理想的な複利計算で資産を伸ばすFXの道が開けるものと思います。

 

 

 

 

 

 

どこまでも迷走を続けるFX経歴

FX収支報告

FXとの出会い(2006年)

 

  • ぶらっと立ち寄った本屋でFXの書籍を見かけ、意味も分からず即購入。
  • 1通り本を読み、すぐに『外為どっとコム』にて口座開設。
  • 怖さも知らず10万通貨で取引、1日で約-10万円。さらに塩漬け&ナンピンで一気に約-50万円。
  • 更に5万通貨で3ヶ月間に渡り、ちょこちょこ負けて約-50万円の計約-100万円。
  • 1万通貨で練習取引しながら、あらゆるHPやブログ・書籍で研究するが、-100万円は一向に減らず、概ね1年間をこの状態で過ごす。

 

合計収益:-100万円

 

 

短期トレードでFXを極めたと勘違いしそうに(2008年)

 

  • セントラル短資で30万円の元本で短期売買で取引開始。2ヶ月で+350万円にするも、注文が通らなかったり決済出来なかったりを繰り返し、不信感より撤退
  • NTTスマートトレードでまたもや元本30万円より短期売買で取引開始。4ヶ月で+350万円まで行くも上記と同じ状況になり撤退

 

合計収益:+600万円

 

 

デイトレ・スイングで苦戦続きのFXに(2009~2011年)

 

  • 2009年より外為どっとコムで元本50万円で取引するも半年間でほとんど増えずスランプに…。FXに興味を無して、その後、複利運用にする事もあきらめ、1~2万通貨固定でデイトレや数日間ポジション維持のスイングで、ひと月1~5万円の利益の取引を繰り返す。
  • 通貨数を上げるのも怖く、やっている内にさらに興味を無くして、2010~2011年は殆どFXをやらなくなって行った。

 

合計収益:+650万円

 

複利運用の加速度を再確認しFX再挑戦(2012年)

 

  • 毎日10pips複利運用で勝った分をすべて元本に加算した計算を起こすと、2年もかからず1億に到達する事に気づき、もう一度長期・短期色々な方法で真剣にFXに取り組もうとDMMで挑戦
  • やはり自分は短期売買派だと思い手法を固定するも、あまりのひどいすべり方に半年苦しめられ、まったく利益をあげられず撤退。(DMMは今まで私が利用したFX会社ではダントツの最低会社。短期筋で勝っている人は尊敬します。)

 

合計収益:+650万円

 

あきらめず粘り腰でFX挑戦 (2013年)

 

  • SBIFXトレードで再度、元本10万円で挑戦を開始。1日10pipsの複利計算理論を目標にして7月までに350万円達成し、最大45万通貨を利用する取引まで至る。
  • SBIFXトレードのスプレッド拡大で8月から2ヶ月間感覚がずれて2ヶ月で10万程度の利益に。
  • 仕方がないので、9月よりマネーパートナーズFX nanoへ移動。
  • マネーパートナーズFX nanoでは、年末までに50万円程度、利益をあげるが、1回最大10万通貨までの取引しか出来ないため、元本を複利計算で増やすことはできないので年末に一旦撤退。(1回最大10万通貨がもう少し拡大すれば限りなく良い口座だが・・・)

 

合計収益:+1,050万円

 

背水の陣で挑むFX専業トレーダーへの道( 2014年)

 

  • 本業も休業のような状態?というか凄まじい肉体労働で、自営で10年近くを過ごし、体はボロボロになっていたので、仕事も減りつつあり、あえて中途半端に本業とFXを併用する事に見切りをつけ、背水の陣でFX専業トレーダーに。
  • 2013年初めに開設していたGMOクリック証券にて元本80万円より再度挑戦開始。
  • 出だしの2ヶ月はある程度収益は大きかったが、3~8月の悲惨な低ボラに苦しみ、メンタルはボロボロに・・・。ただ、9月から12月で大きく収益アップし、何とか専業1年目を終える。
  • 2014年からは細かく収益記録をしているので、円単位で表す

 

2014年収益:11,672,044 円

合計収益:+2,215万円

 

 

安定しない取引口座に不安を抱く専業2年目(2015年)

 

  • メイン口座のGMOが1日の取引限度額2,000万通貨となり一旦GMOを撤退して、SBIFXにメイン口座を変更。
  • 何とか、メイン口座としてSBIFXが1月から軌道にのったので、この1年間は殆どSBIで取引。但し、50万通貨以上はスプレッドが大きくなるために、概ね40万通貨で、固定して1年を過ごしたため、複利運用には程遠く、自分が理想とするFXの形である、デイトレやスイングを少ない通貨数で平行してやってはみたが、とても収益と呼べるには程遠く・・・。
  • 1月より、前年度の不規則な生活の無理が祟ったのか、それとも今までの過酷な肉体労働の積み重ねからくるものか、はたまた25歳から自営で無から有を生む事に、メンタル的に壊れかけていたのか、体は絶不調に・・・。
  • 潰瘍性大腸炎になり、さらに自律神経が大きく乱れているのか、体の温度調節も効かず、外出も歩くのが30分が限界・・・。全てがFXが悪いとは言えないが、今まで病院になど、いった事も無かったが、一気に体が悲鳴を上げる状態に。
  • 体の事もあり、概ね24時以降の取引はせず、かなり取引をセーブする形の1年に。

 

2015年収益:17,113,197円

合計収益:3,925万円

 

SBIFXの口座凍結から見るFX業者への不信感(2016年)

 

  • 体の事もあり2016年は初めから、取引をセーブ。早ければ21時以降の取引すらせず。通貨数は50万通貨で1月から固定。
  • 1・2月で1000万円オーバーの収益となり、ある程度楽な気持ちで構えながら、この先を見越しつつ、デイ・スイングの形を5万通貨固定で、別口座で平行するが、こちらは泣かず飛ばず・・・。
  • 7月末で1850万円オーバーとなるが、7月末に落とし穴が。
  • SBIFXの突如の口座凍結。朝に4回程度取引していきなり、注文できず。メールを確認すると、口座凍結・・・。
  • 理由は言えないの一点張り。3年使った口座なのに、突如・・・。
  • 今後の形は現在模索中だが、デイやスイングにジワジワ切り替えながら、短期トレードも平行して、もし凍結するなら、全て実名で、送ってくるメールや業者の対応も克明に明かしていきたいと思う。

 

2015年収益:18,793,240円

合計収益:5,800万円

 

 

 

依然、『FXブログ 億トレーダーへの奮闘記』というブログを立ち上げていましたが、上記のような体の状況と、メンタル的に続けるのが難しく、一旦、サイトを閉鎖していましたが、ブログを収益と捉えず、完全に自分の気持ちを吐く場と捉え、あらゆる意味で、ストレスを少しでも減らせればと思い、また再開してみようと思いました。

 

また、今年度はSBIFXの口座凍結にもあい、今後もFX業者の対応には不透明なところも出てくると思います。全てあるがままを記述するのも、いいことかもしれないと思い、再度、更新頻度はどうなるかわかりませんが、ユックリブログを続ける気にもなりました。

 

だらだらFXに取り組んだり、業者に悩まされたりで、真剣にPCに向かいFXに取り組んだのは実質4年あるかないかの私がどこまで出来るか・・・。ディスプレイ1つでチャートも1つ(米ドル/円)しか立ち上げない。『トレーダー』というにはほど遠い私だが・・・最低限の環境でどこまで出来るか頑張ってみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ